稼ぎたいフリーター注目!警備バイトを徹底解説!

記事一覧

警備バイトの仕事とは?

フリーターにおすすめのアルバイトのひとつが、警備のお仕事です。就業時間や拘束時間、日給・時給などは様々なため、自分の都合に合った働き方を選ぶことができます。さらに世の中の人々の安全を守るという意味では、非常に働きがいのある仕事だと言えるでしょう。ここでは代表的な警備バイトの内容についてまとめてみました。

交通誘導警備

警備バイトの仕事とは?

普段生活していて最も出会う機会が多いのが、この交通誘導警備員ではないでしょうか。黄色い反射板をつけて、工事中の道路などで旗を振っている姿を見かけることがありますよね。工事現場、駐車場など車の多い場所や、混乱の生じやすい場所でスムーズに車や歩行者等の流れを作る助けをするのが、この交通誘導警備です。
交通誘導警備は、警察官が行う交通整理とは異なるもので、法的な強制力は持っていません。しかし、円滑な交通を促すことで事故を防ぎ、人々の安心を守る仕事という部分に違いはありません。大型スーパーの駐車場などでは日勤、道路工事などの工事現場で働く場合は夜勤となることが多いようです。

雑踏警備

催事警備とも呼ばれるこの雑踏警備は、主にイベントやお祭り、花火大会などの会場で働く警備員です。車や歩行者等の流れを円滑にするという意味では、交通誘導警備と同じですが、雑踏警備特有のお仕事として、会場内の巡回や入口の警備等もあります。不審者や不審物のチェックも行うのです。
雑踏警備の場合は、イベントスタッフとして1日だけの短期のアルバイトとして雇われることもあります。ただしその場合、必ずしも警備業務を任されるとは限らないため、イベントのグッズの販売や設営などはしたくないというような気持ちがあるのなら、募集内容をよく確認しておくと良いでしょう。展示場などのような珍しい場所で警備を行ったり、有名アーティストのライブ会場に入れたりといったメリットもあります。

施設警備

ある施設に常駐することで、「防犯」と「防火」を行う役割を担うのが、この施設警備です。商業施設や病院といった施設に置かれることが多く、施設を巡回し目を配ることで、不審者や不審物、鍵の締め忘れによる犯罪を防ぎ、万が一火災が発生した場合にも迅速にそれを発見して被害を最小限にすることが主な業務となっています。
機械の多い工場などに配置され、扱っている機械に異常がないかといった監視の役目を与えられることもあります。
施設警備というと大抵はこのような業務内容となりますが、施設によって求められる役割は異なるため、それをしっかりと確認することが重要です。また就業時間も施設によって異なるようです。ひとつの警備会社で一日中ひとつの施設を警備することもあるため、日勤も夜勤もあるシフト制のお仕事になることもあるようですね。

フレッシュ記事一覧

  • 福岡県の方なら「どっとわーく」がオススメ!福岡県の方なら「どっとわーく」がオススメ!

    警備バイトを探している福岡県民におすすめの、求人バイトサイト「どっとわーく」をご紹介します。

  • 受かる面接の心構え受かる面接の心構え

    安心と安全をまもる警備の仕事は、責任感のない人にはまかせられません。警備バイトの面接は誠実さを大切に。

  • 効果的な志望動機の書き方は?効果的な志望動機の書き方は?

    警備バイトに応募する際の履歴書の志望動機は、誠実さと真面目さをアピールして、好評価につなげよう!

  • アルバイトから正社員を目指すアルバイトから正社員を目指す

    警備業界は、働きぶりとやる気次第でアルバイトから正社員に登用されるチャンスが多数あるのも魅力です。

  • 夜勤に効果的な睡眠法夜勤に効果的な睡眠法

    警備の夜勤バイトは体力勝負!睡眠のリズムがくずれがちな夜勤ですが、効果的にぐっすり眠れる睡眠法で体調を万全に!

  • 気になる収入や応募資格気になる収入や応募資格

    警備バイトの収入って、いくらぐらい?応募するのに資格は必要?などなど、警備バイトの実情を紹介します。警備バイトの収入って、いくらぐらい?応募するのに資格は必要?などなど、警備バイトの実情を紹介します。