稼ぎたいフリーター注目!警備バイトを徹底解説!

記事一覧

効果的な志望動機の書き方は?

警備員は時給も高く、何事もなければ仕事もそれほど忙しくないので人気のバイトです。正社員を目指して応募する場合は将来的に警備会社を背負って立てる人材であるかどうか、きちんと警備業務を理解して応募しているのかなどが問われます。履歴書にもそれなりの志望動機を書く必要があるでしょう。一方あくまでアルバイトとして応募する場合は、採用側もそこまでチェックが厳しくありません。とはいえ抑えておきたいポイントはいくつかありますので、警備員のアルバイトに応募する際の志望動機の書き方について見ていきましょう。

人の安全や財産を守れる「人間性」

効果的な志望動機の書き方は?

警備員のアルバイトに申し込む際に、履歴書に志望動機を書く場合に最初に理解しておきたいことは、警備の仕事についてです。警備員の仕事は突き詰めれば「誰かの財産を守ったり、人命を守ったりすること」です。なので志望動機には、誠実な人間性や真摯な態度でアルバイトに臨む覚悟などを織り込んでおくといいでしょう。
具体的には「先輩の警備員のみなさんのご指導を仰ぎ、精いっぱい頑張っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします」などと書くといいでしょう。加えていうと警備員は時給が高いので、それに見合う仕事ができる人間かどうかも問われます。なので「何となく面白そうな仕事だと思ったので」「勤務先が家から近かったので」などの「浮ついた理由で警備員のアルバイトをしようとしている」と採用側に受け止められかねない文言は書かないようにしましょう。
また「今働いているバイト先に不満を持っているので」「早く今のバイトを辞めたいので」などのネガティブな理由を書くのも問題です。警備員の仕事にも不満を持ちそうだと思われる可能性が高いので、やはりこのような文言も書かないように気を付けましょう。

体力自慢ばかりではいけない

次に「警備員の仕事=力仕事」だと思ってバイトに応募をしている人も多いと思います。たしかに何か非常事態が起きた時には、人命や財産を守るために力が必要になります。しかし日常的な仕事は体力仕事とは一概に言えません。例えば会社の警備室の受付でその会社の人たちに挨拶をしたり、来客者にきちんと対応したりできる「コミュニケーション能力」が必要になります。
また、夜中のビル内やオフィス内の循環警備などをする際には、きちんとすべてのオフィスを漏らさずにチェックすることができるような「忍耐力」も必要になります。なので「大学時代にラグビーに所属していて体力だけは自信があります」とか「格闘技を小さなころからしているので、大抵の人には負けません」などの体力自慢をすれば警備員の仕事が務まると思っていると採用担当者に思われてしまうような志望動機はなるべく避けましょう。

フレッシュ記事一覧

  • 福岡県の方なら「どっとわーく」がオススメ!福岡県の方なら「どっとわーく」がオススメ!

    警備バイトを探している福岡県民におすすめの、求人バイトサイト「どっとわーく」をご紹介します。

  • 受かる面接の心構え受かる面接の心構え

    安心と安全をまもる警備の仕事は、責任感のない人にはまかせられません。警備バイトの面接は誠実さを大切に。

  • 効果的な志望動機の書き方は?効果的な志望動機の書き方は?

    警備バイトに応募する際の履歴書の志望動機は、誠実さと真面目さをアピールして、好評価につなげよう!

  • アルバイトから正社員を目指すアルバイトから正社員を目指す

    警備業界は、働きぶりとやる気次第でアルバイトから正社員に登用されるチャンスが多数あるのも魅力です。

  • 夜勤に効果的な睡眠法夜勤に効果的な睡眠法

    警備の夜勤バイトは体力勝負!睡眠のリズムがくずれがちな夜勤ですが、効果的にぐっすり眠れる睡眠法で体調を万全に!

  • 気になる収入や応募資格気になる収入や応募資格

    警備バイトの収入って、いくらぐらい?応募するのに資格は必要?などなど、警備バイトの実情を紹介します。警備バイトの収入って、いくらぐらい?応募するのに資格は必要?などなど、警備バイトの実情を紹介します。